■プロフィール

よっちゃん

Author:よっちゃん
愛媛県松山市在住
(永遠の新妻)
歳の差13上のオットとの結婚を期に旅行三昧な日々。
オットとの生活は初めて知ること見ることばかり。
得た知識を忘れないためにブログに記録していきます。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄旅行記-9
 15:00 私達はまた巨大な水槽の前に戻っていた。
DSC00147.jpg
これから待ちに待ったジンベエザメの食事タイムが始まる。

ジンベエザメが食事をする・・・
ゆっくり旋回しながら大きく口を開け、魚を海水ごと飲み込む。
・・・、私はそんな姿を安易に想像していた。
だけどそうではなかった。

ジンベエザメは垂直に食事をするのだ!

DSC00163.jpg DSC00157.jpg
大きな体をゆっくりと起こし、綺麗に1本のラインに。
海面の餌を一気に吸い込み、エラのような部分から海水を吐き出す。
勢い良く吐き出された海水が白い煙のようにジンベエを取り巻く。

ジンベエのこの姿勢、上から人工的に餌が撒かれるから?
いいや、違った。
なんとこれが自然本来のジンベエザメの捕食スタイルなのだ。
自然の海では魚を追いかけて食べるより、魚を1箇所に追い詰めて下から一気にすくい上げる方が効率的なのだ。
つまり私がイメージしていた「旋回しながら食事する」姿こそ、実は不自然な姿だったのだ。
どうしてそんなイメージが私に残っていたのか。
昔の美ら海水族館では、ジンベエザメは旋回しながら食事をしていた。
しかしそれは、水槽が小さいあまり垂直になって食事することが出来なかった為編み出された食事方法で、巨大な水槽に移された今、自然本来の捕食スタイルが戻ったのだという。
きっと、いつかのテレビで昔の水槽での捕食シーンでも見たことがあったのだろう。

巨大な体を何度も起こして食べる大迫力の食事シーンを目の当たりにし、いい意味で期待を裏切られた私達は、だんだん白く濁ってきた水槽を後にした。


*画像はサムネイルです。クリックすると(多少)拡大します。
*画像に写っている人物は関係ありません。
スポンサーサイト


沖縄 | 22:46:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。