■プロフィール

よっちゃん

Author:よっちゃん
愛媛県松山市在住
(永遠の新妻)
歳の差13上のオットとの結婚を期に旅行三昧な日々。
オットとの生活は初めて知ること見ることばかり。
得た知識を忘れないためにブログに記録していきます。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄旅行記-3
2006.07.14(金)
<JTA161便 定刻通り8:00に北九州空港離陸、9:50那覇空港着陸>

DSC00023.jpg約2時間のフライトで沖縄(那覇空港)へ来てしまった。
今まで海外よりも遠い存在だった沖縄。
本当に訪れる日が来るとは・・・嬉しいなぁー。
抜けるような青い空!爽やかな風に揺れるヤシの木!
なんて、想像していた風景は残念ながらそこには無かった。
天気は相変わらずの曇り空。
陸上自衛隊の飛行場を通り過ぎながら沖縄を感じるしかない。
DSC00025.jpg DSC00026.jpg DSC00028.jpg

DSC00030.jpg空港を出て『ゆいレール(※1)』に乗り込む。
切符を買おうと向かった改札口手前で、
『日本最西端の駅(※2)』レリーフを発見。
買った切符に描かれていた模様は、首里織(※3)だろうか。可愛らしい。
ゆいレールの車内も綺麗で、ポコポコした感じのシートが可愛らしい。
もちろん高架を通行するので眺めもいい。
流れるように進むモノレール、沖縄らしさを感じたのは車内音楽だった。
DSC00031.jpg~♪~~♪♪
各駅に到着を知らせる音楽が全て沖縄のわらべうたなのだ。
単音で可愛らしく流れるメロディーに思わず笑みがこぼれる。

空港駅ではガラガラだった車内も、各駅を通過するごとに人で溢れてきた。
観光客だけでなく、地元民にとっても便利な交通手段なのがわかる。
DSC00033.jpgさて、私達は牧志駅で降りて宿泊ホテルへと向かわねば。
駅から2、3分歩いたところにあるホテル。
どんよりとした空気のなか歩いているとポツ・・・ポツと、腕に水滴が付く。
その後、一気に大雨となった。
突然降ってきたスコールに慌てて店の軒下へと避難。
DSC00352.jpg一向に勢いの衰えない雨。ホテルは見えている。
えいっ!とオットと二人走り出す。
『ホテルロイヤルオリオン』到着。今日から4日間お世話になる宿だ。
チェックインを済ませ、差し出されたタオルで体を拭きながら外を見る。
すっかり雨は止んでいた。むぅぅーーーん。

しかし、この天気ではダイビングは無理なんじゃないだろうか?
そう。この日、午後からいきなりダイビングをする予定にしていたのだ。
午後1時にダイビングショップへ集合なのだが、念のため電話してみたほうが良さそうだ。
無事ホテルに着いたことを告げ、今日の海の状態を聞く。
どうやら台風の影響で、うねりが激しく、1箇所だけダイビング出来そうなポイントがあるが行ってみないと解らない。とのこと。
なにも無理して今日潜りに行かなくてもいいだろう。と、思った。
話し合いの結果、今日のビーチダイビングを翌日にズラすということで決まった。
よし!そうなれば今日の予定を立て直さなくては。
まず、フロントでスグに持って来れるレンタカーを呼んでもらい、観光に出かけよう!
こうゆう時のオットは本当に頼りになる。
旅行の計画を立てるのが大好きな我がオット。
常に何パターンか頭の中で用意してあるらしく、ハプニングにも動じない。
ありがたや、ありがたや。
10分後、日産マーチがやってきた。1日3000円也。

マーチに乗って目指すは『美ら海水族館(チュラウミスイゾクカン)』♪
沖縄放送のラジオを聞きながら、高速道路を走ってゆく。


(※1)
ゆいレールの「ゆい」とは、「助け合い」を示す沖縄の言葉。
県民や乗客に支えられながら人と人、地域と地域を結ぶという願いが込められている。
那覇空港駅~首里駅間12.9kmを27分で結ぶモノレール
那覇市内の主要スポットを通るので観光に便利。
那覇空港ターミナルビル2階と那覇空港駅は連絡通路で直結。

(※2)
2003.08.10ゆいレール開業で国内最南端と最西端の駅が同時に誕生。
最南端は赤嶺駅で、両駅ともモニュメントがある。
昔は沖縄にも鉄道や路面電車が走っていたが、戦争で破壊。
ゆいレールが唯一沖縄を走る。

(※3)
琉球王国の城下町として栄えた首里には、王府の貴族や士族用の格調高い織物が現在まで織り継がれている。
織りの種類は、絣(カスリ)・花織(ハナオリ)・ミンサーと多彩で、特に花倉織(ハナクラオリ)や道屯織(ドウトンオリ)は、王家や貴族にしか着用は許されなかったため首里でしか織られなかったという。
このような首里に伝わる織物の総称を首里織と呼ぶ。



*画像はサムネイルです。クリックすると(多少)拡大します。
スポンサーサイト


沖縄 | 12:23:36 | Trackback(0) | Comments(6)
コメント
早くーぅ!!
うがーー!!
早く続きを読みたいよぉー!!
2006-08-10 木 18:05:25 | URL | きのこ班長 [編集]
どーも
おじゃましまぁ~す。
台風4号って書いてたから、ちょっと前の話かな!?
沖縄かぁ~、羨ましい。。
行ったことないっちゃんねぇ~、俺。

>常に何パターンか頭の中で用意してあるらしく、
うわぁ~、すごいな、俺と正反対(笑)
行き当たりばったりが、俺のモットーです(^_^;)
2006-08-10 木 18:21:12 | URL | Mを [編集]
とっても詳しい旅行記ですね。
楽しく読ませていただいてます♪
ゆいレール、乗ったことが無いんです。
こんな意味があったとはねー♪(*´∀`)!!

美ら海水族館もまた良いトコですよね~!
ζ°)))彡 ζ°)))彡 ζ°)))彡


2006-08-10 木 20:42:42 | URL | ちいたん [編集]
やった!!
着陸した!!!
2006-08-10 木 22:10:14 | URL | Satoo [編集]
沖縄ぁぁぁ
ちょうど同じ時期に沖縄の空の下にいた私です(*^_^*)
私が行ったときはすでに超いい天気だったよ!
沖縄、いいよねぇ~
私もダイビングとかしたいっ
2006-08-11 金 21:58:01 | URL | エリカ [編集]
>>きのこ班長
 まぁまぁ、私のニューロンに「早く」は無理な仕事どすえ。

>>Mを君
 いらっしゃい。ちょうど1ヶ月前のお話です。
私も始めての沖縄です。福岡からならヒョイッと行けるだろうに。

>>ちいたん
 記憶を記録に残そうとすると、どうしても詳しくなりますねf^^;
その時どんな気持ちだったか。これを残せるよう努めて書いているつもりです。

>>satooさん
 このまま一気に書き終えられるか!?

>>エリカ
 沖縄、懐かしい?あ~会いたかったよーーー。
2006-08-12 土 02:32:41 | URL | yoshico* [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。