■プロフィール

よっちゃん

Author:よっちゃん
愛媛県松山市在住
(永遠の新妻)
歳の差13上のオットとの結婚を期に旅行三昧な日々。
オットとの生活は初めて知ること見ることばかり。
得た知識を忘れないためにブログに記録していきます。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
沖縄('06.7.15-2)
 本日のダイブポイント「真栄田岬」に到着した時には9時を過ぎていた。
たとえ晴天であっても、海には台風の影響が残る。
うねりや高波、海中での視界の悪さなど諸々のマイナス要因を考慮した結果、本土で潜れるポイントはかなり限られてしまうようだ。
ここ真栄田岬はそんな数少ないポイントの1つ。
さらに初心者から上級者まで楽しめる場所とあって、既に多くの車が駐車場を埋め尽くしていた。
「いつもはこんなことないんですけどね。」そう言いながら駐車場をグルグル回り空いているところはないかと探すスタッフ。
台風で潜れずにいたダイバーたちが、今日この場所に集中することは安易に予測出来たはず。「いつも」の感覚で動かれては困るんですが・・・。

とりあえずドライバーを残し、客とスタッフが降ろされた。
どうしたものかと相談するスタッフ。
後続車が次々と来るため、常にグルグルと駐車場内を回るワゴン。
ショップからここ真栄田岬はさほど遠くはない。
集合時間から考えて、段取りよく行けば8時過ぎには着いていただろう。

今日潜るポイントを見に行きましょうか。というインストの誘いでゾロゾロと私達は移動した。
その後ひととおり注意事項や確認事項を話し合って駐車場に戻った。
・・・。
まだグルグルとワゴンは回っている。

横にいたオットがタッと走って行った。
どうやらダイビングを終え帰りそうな車を見つけたようだ。
私も後を追う。そして聞いてみた。
「車、出しますか?」「はい。スグ出ますからここで待っていたほうがいいですよ。」
オットをその場に残し、私はスタッフの元へ伝えに行く。
その後オットは回ってきたワゴンを誘導し、無事停めることが出来た。
ちょうどもう1台分の駐車場も空き、2台とも駐車完了。
「ありがとうございましたー。」ようやく途方も無い車の運転から開放されたドライバーの方からお礼を言われる。
スタッフの対応の悪さに私は素直にその言葉を受け止められない心理状況にあった。

スタッフも客も協力してタンクを下ろしていく。
早く潜りたいのだ。
チーム分けがなされた。私達は3人組みの若い男性と一緒になった。
今日いるダイバーの中で最も生気が無い連中だ。
見たところ大学の仲間といった感じ。
インストラクターの話もうわの空で、質問にも答えられない。
かなり久しぶりだという彼らは、セッティング中いちいち間違える。
大丈夫なのか。
うわぁ・・・。酒臭い。

早く海に潜ってしまいたい。
心の中で炎に変わろうとするものを抑えながら黙々と器材をセットした。

スポンサーサイト
ダイビング | 20:34:05 | Trackback(0) | Comments(8)
沖縄('06.7.15-1)
 2006.07.15(土)

DSC00442.jpg
6:00起床。
朝起きてまずカーテンを開け空を見上げる。うん、今日一日いい天気になりそうだ。

今日は7:00にダイビングショップから迎えの車が来る。
「台風の影響を考えまた連絡します」と言われたきり一向に連絡がなく、心配になって昨晩こちらから連絡を入れてみた。
なんと連絡するのを忘れていたと言う。
さらに、当初7:30に迎えに来てもらう約束にしていたのだが立ち寄るホテルが多いので7:00にさせて貰いたいと言ってきた。
ホテルの朝食が7:00からなので7:30にして欲しいと食い下がるも虚しく却下。
朝食クーポンが無駄になった。

全身に念入りに日焼け止めを塗りながら、徐々に目を覚ましていく。
そのまま水着に着替え、昨日コンビにで買っておいた朝食をほおばる。

朝7:00 時間通り迎えのワゴンは来た。
既に1組のダイバー客が座っている。途中もう1箇所ホテルを廻ってダイビングショップに到着した。
たいしてホテル廻らないじゃないか。昨日抱いた不信感に再び小さく火がつく。

この日お世話になるダイビングショップは「PRO-DIVE」
前回グアムで潜ったときにもお世話になったショップで、他にサイパン・ハワイにも支店がある。

「お久しぶりです!」ショップに到着した私達を明るく迎えてくれたのは、以前グアムのPRO-DIVEで働いていたM子さん。
私達がグアムで潜った際にインストしてくれた女性だ。
彼女の笑顔を見てチリチリと心の奥で燻るものが一瞬消えた。

・・・。
今は何をやっているのだろう。
ショップ内にはダイバーやライセンス試験を受ける人で溢れていた。
バタバタと走り回るスタッフ。
置いてけぼりの客。
申込書も書いた。ログブックも確認した。ショップ内の写真や雑誌にも目を通した。
一体いつまで待たせる気か。
3杯目の水を飲み干した頃、ようやく出発の集合がかかった。

次々とワゴンに乗り込むダイバーたち。
みな少し疲れ気味だ。
スタッフがざわつく。人数が多くて車に乗りきれない様子。
席数は決まっているのだから事前に解るだろうに・・・。
新しくもう1台車が用意され、なんとかショップを出発することが出来た。

車中、私の中の小さな火が再び燻りはじめていた。
この後の不満だらけの1日の始まりだった。



*画像はサムネイルです。クリックすると(多少)拡大します。

ダイビング | 20:29:40 | Trackback(0) | Comments(0)
試験前・・・徹夜。
食事も終わり、機内の照明が暗くなりました。
ハワイ到着まで、しばしお休みモードです

がっ

ダイビングの試験勉強が間に合っていない私は、
一人、スポットライトで勉強です
DSC06263.jpg
まるで気分はテスト前に1夜漬けする学生のよう。。。
まったく昔からのん気な私は、ギリギリにならないと行動できない性分で困ります
(解っていて本人なおす気が無いのだからタチが悪いし・・・)

なんせダイビングの勉強を始めたのが出発1週間前からf^^;
家では主に教材DVDを観てイメージを掴むことに専念。
テキストは2章まで終わったところで出発を迎えてしまいました。。。
飛行機の中で黙々とテキストに載っている練習問題を解く私。
正直、これが結構オモシロイ
DVDで全体の流れは何度も見ておいたので、テキストの文章が
割とスムーズに頭に入ってくるし、このテキスト!独特の話し言葉で書かれていて、
まるで会話しているようなのです。
これからハワイに行ってダイビングのレクチャーを受けるんだ!という
興奮が高まってきて、眠気に襲われる事なく勉強に熱中してました

気が付くと機内のライトが付き、徹夜してしまいました。
さぁて、時差のあるハワイ。
この徹夜が吉と出るか凶とでるか・・・。

ダイビング | 01:43:13 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。